FC2ブログ
  • --年--月--日( -- )
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


  • 2016年07月02日( Sat )
  • 「紐を織る」待望の復刊!

    とうとう!

    絶版の「紐を織る」が、復刊されるそうです!


    美術出版社からではなく復刊ドットコムからです。。。





    復刊ドットコムから出版される時って、装丁はどうなるのでしょうね。。。
    内容は同じなんですよね?

    ヤマナシヘムスロイドのホームページには何も書かれていないので、ちょっと不安。

    そして在庫数、出版社のサイトなのに少なすぎませんか?
    出版社のまわし者ではありませんが…購入希望の方は早めの方がよさそうです。


    7月7日追記:7月2日時点ではamazonにこの本の情報はなかったのですが、7月7日にこの本が出ていることを発見しました。
    紐を織る—スカンジナビアの暮しに生きるバンド織りとカード織り紐を織る—スカンジナビアの暮しに生きるバンド織りとカード織り
    山梨 幹子

    復刊ドットコム 2016-08-23
    売り上げランキング : 18319

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools











    スポンサーサイト
    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


    ☆ お気軽にコメントしてください

    Secret

    No title

    「※本書は、1978年・美術出版社刊『紐を織る スカンジナビアの暮しに生きるバンド織りとカード織り』を底本とし、一部改訂して復刊するものです。
    ※カバー画像は、原本のものです。」

    って書いてありますね。表紙は変わるかもしれませんね…。
    復刊ドットコムの仕組みがいまいちわからないのですが…一体全部で何冊刷るつもりなんでしょうね…。

    Amazonだと古本で10000円超えてますから、復刊本で入手すべきでしょうかね…。

    Rikoさんへ

    “底本とし、一部改訂して復刊”
    むずかしい表現ですね。。。

    ヤマナシヘムスロイドのHPに、以前復刊ドットコムで復刊された本をみつけました。
    その本についていうと、やはり表紙は違うようです。

    書籍の印刷部数としてはすごーく少ないですよね。
    最初何冊だったのかはわかりませんが…

    復刊という限りは、「ほぼ同じ内容」なんじゃないでしょうか。

    紐の織りの本であれだけ書いてある本って、日本語では無いような気がします。
    買いかも… 。。。絶対良いって言う勇気は無いんですが(汗

    大昔に

    読んだことはあるんですよ。大学の図書館で借りて。
    当時は織りを始める前でしたが、織りには興味がずっとあったので、
    「おお!織り機がなくても織れるって!」
    と思って、試しにこの本を見ながらカード織りをしたのが、私の初織りでした。
    少なくとも全くの初心者が、この本を見てカード織りができる、というのは実証しています。

    しかし当時はそんなにすごい本だとは思わないで読んでましたねえ…。

    Rikoさんへ

    出版当時なら図書館で普通にある本ですものね。
    それっきりこの系統の本で、織り方が丁寧に説明された本が出版されないなんて思わないですよね。

    じつは私も予約してしまいました(汗
    と言うのも…
    以前このブログで、復刊されたら買うって宣言していまして。。。

    というのは口実で、内容が気になるんです(笑


    おしらせ
    12月1日(土曜日)のみ出展いたします。 つくるひとの祭典 中部地区最大級のアート&デザイン&手作り GALLERY & MARKET
    カテゴリ
    アクセスカウンター
    ご訪問ありがとうございます
    月別アーカイブ
    プロフィール

    eri

    Author:eri
    スウェーデンの伝統的な織りが好きです。北欧の織り機で普段使いのものを織っています。 

    メールフォーム

    質問等はこちらからお願いします

    その際は必ず返信用のメールアドレスをご記載ください。

    ↓↓↓

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Japanese → another language
    リンク
    Vad är klockan ?
    Tokyo
    London
    Stockholm
    Glasgow
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。