• 2016年12月13日( Tue )
  • フレミッシュ織 fågel

    完成

    DSCN2137 (350x335)


    小さいし目が粗いのであっという間に織りあがり

    余り糸で織ることができました。

    脚が大きいな~。水鳥?
    脚がでかいのは脚2本分だってことにしよう…(苦笑

    経糸が粗いのでしかたありません

    ひさしぶりでフレミッシュ織をしたので、結構忘れていました。





    それにしても、毎回思うのは…
    使った青糸はこの色じゃない!!

    なんでデジカメって青をこの色にするかね。。

    学生時代の友人が当時いわく  (←まだフィルムカメラの時代)
    「みんな青い空が好きだからね。」



    …ホントにそんな理由なの?
    曇り空まで青くしたいか?!!

    曇り空には曇り空なりの美しさがあるんですがね。














    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


    スポンサーサイト
  • 2014年04月09日( Wed )
  • フレミッシュ織 ~運河沿いの家々~

    完成です

    フレミッシュ織 運河沿いの家




    Hus vid kanalen.
    Houses on the canal.
    運河沿いの家々

    ずいぶん慣れてきました。
    糸の動かし方の要領もすこしわかってきたかな…

    フレミッシュ織。
    こんなにおもしろいなんて、思っていませんでした。
    一枚目より、二枚目、それより三枚目、四枚目。
    一枚織るごとに楽しくなってきています。
    不思議です。

    フリーで織る感じがあんまり好きじゃないって思っていましたが、
    フリーなのは図案だけ。
    織る時にはきちんとした織りをしないと、ごちゃごちゃになって難しくなってしまう。
    糸を入れる方向、順番をよーく考えて、どうやって楽に織れるようにするか。
    それを考えて、スッキリと織れた時の達成感といったら!!!

    パズルのよう。






    でも、

    これで、フレミッシュ織はしばらくお休みにしようと思います。




    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


  • 2014年03月16日( Sun )
  • フレミッシュ織 天使

    フレミッシュ織の天使、完成~

    フレミッシュ織 天使



    前から気になっていた古典柄の中から。
    めっちゃかわいい

    よくわからない形だが、かわいいのです。




    そして、またまた織り始め…

    フレミッシュ織 途中









    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


  • 2014年02月12日( Wed )
  • フレミッシュ織を織り始める

    ひさしぶりのフレミッシュ織。

    フレミッシュ織 天使途中



    う~む。織り方のポイントとか忘れてる(汗
    がんばろ。





    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


  • 2013年10月04日( Fri )
  • フレミッシュ織 ライオン

    やっと完成

    フレミッシュ織 ライオン 完成

    今回の仕上げは新しい方法で。
    フレミッシュ織 ライオン 仕上げ

    しっぽは三つ編みだと糸が端に余ってしまうので四つ編みしてみました。



    やったことなかったけど、これでいいんだろうか?





    ☆ ポチっと応援よろしくお願いします

    ↓↓↓


    にほんブログ村


    おしらせ
    カテゴリ
    アクセスカウンター
    ご訪問ありがとうございます
    月別アーカイブ
    プロフィール

    eri

    Author:eri
    スウェーデンの伝統的な織りが好きです。北欧の織り機で普段使いのものを織っています。 

    メールフォーム

    質問等はこちらからお願いします

    その際は必ず返信用のメールアドレスをご記載ください。

    ↓↓↓

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Japanese → another language
    リンク
    Vad är klockan ?
    Tokyo
    London
    Stockholm
    Glasgow
    復刊ドットコム